墓石の価格を調べよう|安いものが随時登場

お墓の石材を選ぶ

墓

大阪で墓石を選ぶときには石の吸水率に注目して、水を吸収しない石を選ぶことで、墓石が汚れたり割れたりすることを防げます。吸水率が低くて強度の強い石としては御影石がお勧めで、色も落ち着いているため墓石として適しています。

イメージ通りのお墓を作る

お墓

インターネットで検索すると様々な石材の写真が見られますが、モニターによって色味が違いますのでこれだけでは不充分です。墓石を作る石材店でサンプルも見られますが、自分がお墓を建てる霊園へ足を運び、実際に建てられているお墓を見ながら選ぶことがベストです。

お墓を建てる費用

合掌

お墓の形と相場

お墓を建てるといえば、なにかとお金がかかるというイメージがあります。お墓を建てるためには、まずは墓地を用意しなければなりません。墓地は宗教施設が保有しているものと、宗教に関係なく設置している霊園の2種類があります。いずれも墓地を借りるという形になりますが、借りるさいには多額のお金が必要であり、また墓地を維持していくために管理費も支払わなければいけません。この価格は場所によって変わってくるので、一概には言えませんが、東京のような大都市のど真ん中にあるようなものでは100万円を超えてきますし、第一に空きがないので手に入れること自体が難しいといえます。一方で一般的な墓地としては20万円から50万円程度が相場です。管理の価格も年間5千円程度から2万円程度まで墓地によって変わってきます。いずれにしても墓地を用意するだけでも相応の費用が必要になります。なお、広さによってこの価格も上がってくるので広いお墓を作れば当然ながら費用も多くかかることになります。墓地が用意できれば、次に必要なのが墓石代です。墓石代はお墓作りの中ではピンキリのところがあります。理由としては墓石のもととなる石材の価格が違うこと、またこだわった墓石の形にするための加工費の価格が業者によって変わってくるためです。一般的な墓石の価格としては130万円を超えてきますが、50万円程度のものもあります。安価なものの多くは外国産のものが中心で外国産でもそれぞれランク付けされており、その墓石によって価格が変わってきます。いずれにしても墓石代を抑えても墓地代があるため、少なくとも50万円程度は必要になります。

仏壇の準備も必要

お墓を建てるのであれば、あわせて確認しておきたいのが仏壇です。故人の位牌を安置するために必要な仏壇も購入すると安くても数十万円、高い場合は数百万円とかかります。そんな時確認しておくといいのが、実家や親戚の家に残されている仏壇に有無です。もし仏壇が残っているようであればその仏壇を綺麗にして利用するという方法があります。大阪の仏壇専門のクリーニング業者に依頼すれば、汚くなってしまった仏壇でも綺麗になります。お墓だけでも高額な費用が発生するため、もし残っている仏壇があるのであれば使わせていただくのがいいでしょう。

お寺や仏具店を利用する

仏壇

仏壇の設置は、各人の事情によって実施できますが、四十九日までに行うなども一般的なやり方になります。仏壇は、材質によって価格に大きな違いが出るのも特徴です。経済的事情、設置スペースを考慮しておく事も必要になります。

Copyright © 2017 墓石の価格を調べよう|安いものが随時登場 All Rights Reserved.